* リンク [#o1f11577]

- ISC BIND : [[http://www.isc.org/index.pl?/sw/bind/index.php:http://www.isc.org/index.pl?/sw/bind/index.php]]
- ISC BIND : [[http://www.isc.org/software/bind:http://www.isc.org/software/bind]]

* インストール [#kf7a6ad4]

 tar xfz bind-9.4.3-P1.tar.gz
 cd bind-9.4.3-P1
 ./configure
 make
 make install

 改めてサーバを作る機会があったので、9.7.0-P1 に乗り換えてみたが、インストール手順は同じ。

 9.4.3 で使っていた named.conf や各種ゾーンファイルなどもそのまま使えた。

* バージョン確認方法 [#y663e03a]

 dig @localhost chaos txt version.bind

とすると、下のような結果が表示される

 # dig @localhost chaos txt version.bind
 
 ; <<>> DiG 8.3 <<>> @localhost chaos txt version.bind
 ; (1 server found)
 ;; res options: init recurs defnam dnsrch
 ;; got answer:
 ;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 4
 ;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0
 ;; QUERY SECTION:
 ;;      version.bind, type = TXT, class = CHAOS
 
 ;; ANSWER SECTION:
 version.bind.           0S CHAOS TXT    "9.2.8"
 
 ;; AUTHORITY SECTION:
 version.bind.           0S CHAOS NS     version.bind. 
 
 ;; Total query time: 1 msec
 ;; FROM: alpine.anseilen.org to SERVER: localhost  127.0.0.1
 ;; WHEN: Thu Jan 25 11:45:01 2007
 ;; MSG SIZE  sent: 30  rcvd: 62

* root.cache ファイルの作り方 [#u4c0d2c4]

以前は HTTP/FTP サイトから取ってきてた気がするけど、次のようにして dig コマンドで作るのが簡単。

 dig @A.ROOT-SERVERS.NET > root.cache

これだけ。

ちなみに、"A.ROOT-SERVERS.NET" のところは、"a.root-servers.net" でも可。 今は a 〜 j まで稼働してるみたい。
古いのをみると、K, L, M もある。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS