関連リンク

インストール

portinstall net/rsync

が簡単。

ソースからの場合は、

tar xfz rsync-3.0.4.tar.gz
cd rsync-3.0.4
./configure
make
make install

簡単な使い方

あるディレクトリの内容をバックアップする場合。
例えばsrcディレクトリの内容を、backupディレクトリにそのままコピーする場合。

rsync -auv src/ backup

これを毎日cronで実行すれば、srcディレクトリの変更分だけを差分バックアップできる。Webページやログファイルなど、ファイル数が多い割に変更量の少ないケースでは大変早くて重宝する。

元ディレクトリから削除されたファイルを、バックアップディレクトリからも削除する場合は、

rsync -auv --delete src/ backup

とする。

特定のファイルをバックアップ対象から外すこともできる。例えば、画像ファイルをコピーしないようにするには、画像ファイルの拡張子を記述したファイル(例:exclude-list)を作成しておく。

<exclude-list>
*\.bmp
*\.jpg
*\.png
*\.gif

こうしておいてから、

rsync -auv --delete --exclude-from=exclude-list src/ backup

除外対象の拡張子がひとつの時は、

rsync -auv --delete --exclude '*\.jpg' src/ backup

とするのが簡単。

これくらい覚えてればバックアップ目的には十分かと。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS