PostgreSQL のログからボトルネックとなっている SQL を調べるためのツール。

リンク

pgFouine

インストール

本家サイトからダウンロードして、どこでもいいので展開。

tar xfz pgfouine-1.2.tar.gz

以上。

実行前の注意事項

syslog 出力になっていること

syslog にログを出力する設定になっていることが前提。

他にログフォーマットにも指定がある。これ。

log_line_prefix='%t [%p]: [%l-1] '

最後のシングルクォートの前には空白が入っているので注意。

ロケール指定がないこと

initdb するときに --no-locale を指定するのは世界のお約束だが、やってないシステムでは postgresql.conf にて、以下の指定が要る。

lc_message='C'

これが 'ja_JP.UTF-8' なんて値になっていると、pgFouine は文句を吐きまくって、しまいには「有効なログが一行もないよ」と怒って終了する。

実行

実行は非常に簡単。一番シンプルな使い方は、これ。

./pgfouine.php -file /var/log/pgsql.log > ./profile.html

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS