関連サイト

インストール

本家サイトから、Version 4.2.4p5をダウンロードしてきた。

cd /usr/local/src
tar xfz ntp-4.2.4p5.tar.gz
cd ntp-4.2.4p5
./configure
make
make install

ntpq -pしたときの表示の意味

行頭のステータス表示

reject距離が遠くてアウト
xfalsetickfalseticker失敗
.excess参照サーバーが多かったのでアウト
-outlyerクラスタリング検査でアウト
+candidat接続テスト成功。参照可能な状態
#selected距離が遠いが参照可能
*sys.peer同期中
opps.peer同期中(同期はPPS信号から間接的)

以降のカラム

remoteサーバーのホスト名
refid参照ID
ststratum番号
t階層タイプ(l:local,u:unicast,m:multicast,b:broadcast)
when最後のパケットを受け取ってからの時間(秒)
pollポーリング間隔(秒)
reach到達可能なレジスタ
delayポーリング間隔遅延見積(ミリ秒)
offset階層オフセット(ミリ秒)
disp階層の分散(ミリ秒)

デーモンが落ちる

起動して、しばらくするとntpdが落ちる。

調査のため、-l オプションを付けてログ出力させたところ、

time correction of 1995 seconds exceeds sanity limit (1000);
set clock manually to the correct UTC time.

と出ていた。 

しかたないので、ntpdateでいったんクロックを調整してから、再度ntpdを起動したところ、無事に同期できた。 時間差(狂い)が大きすぎ(1000秒以上)だったために起こったことらしい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS