リンク

環境構築

PHP

PHP本家ページダウンロードページから、Windows用のバイナリ(インストーラ版)をダウンロードしてインストールする。

ここでは、C:\Program Files\PHP以下にインストールした。

eclipse+PDT+Pleiades

Pleiadesのページに全部まとめたファイルがあって便利なので、これをダウンロードして展開する。

ファイルは、ページの一番下に各開発環境に応じたものが表になってるので、横軸のPHPのところにあるフォルダアイコンのうち、jre付きとなしがあるので、今回はjreなしをダウンロードした。

インストールは、落としてきたファイルを展開し、適当な場所に置くだけ。 今回は、D:\eclipseとした。

ここから先の開発の実際は、適当によろしく。 新規プロジェクトを作って、進めていくだけ。 日本語化されてるし、特に問題はない。

ただ、うちはWebサーバがFreeBSDで、ファイルはEUCで作ってるため、そのままeclipseで開こうとすると文字化けしてしまう。

ウィンドウ → 設定 → 一般 → ワークスペース と開いていくと、「テキストファイルエンコード」というところがある。 ここで「その他」の右のテキストボックスに"EUC-JP"を「手入力」する。

これでEUCで作業出来るようになる。

CVSからのチェックアウトやコミット作業、コメントも問題ない。

デバッグ環境

上記手順で環境を作っただけだとデバッグできない。 しようとしても、エラーが出るだけで何もできません。

XDebugを使う方法もあるけど、もともとXDebugを使ってなかったので、Zend Debuggerを使う。

Zend DebuggerはZend.comからダウンロードしてくる

http://www.zend.com/en/downloads/index

上記アドレスにてZend StudioのTryをクリックするとZend Debuggerが選択肢の一つに表示される。 ReleaseはZend Debugger、PackageはWindows x86を選択。 Zend Technologies社のダウンロードサービスのログイン手続きのあと、ダウンロードが始まる。

  1. ダウンロードしたアーカイブを展開する。
  2. ZendDebugger?-5.2.5-Windows-i386と言うフォルダの中にあるDLLをC:\Program Files\Zend以下に移動。
  3. php.iniファイルの末尾に以下を追加。
zend_extension_ts="C:\Program Files\Zend\ZendDebugger.dll
zend_debugger.allow_hosts=127.0.0.1/32
zend_debugger.expose_remotely=always

これでデバッグがちゃんと動くようになる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS