こんなのまで無償化するとは…

リンク

ゲストOSインストール時の問題

 ホストマシン本体のCD/DVDドライブを認識して、そこから読み込んでくれると助かるんだが…

 やってみたけど、認識してくれないので、結局クライアント(VMWare Infrastructure Client)マシンのCD/DVDドライブ(ISOイメージも使える)を読み込ませることにした。

 そこで問題がある。

 ローカルドライブを起動前に接続させられないため、仮想マシン起動→ドライブ接続、の順序になる。 その際、ドライブ接続が間に合わず、BIOSがネットワークブートにチャレンジしてしまい、最終的にOperating System not Foundとなってしまう。 頑張って素早くドライブ接続をしても、コンソールそのものの重さもあって、全然間に合わない。

 いろいろオプションを探していたら、対策になりそうなのがあった。

 Edit Setting -> Optionsタブ -> Boot Options で、起動遅延時間を指定(ミリ秒単位)できる。

 ここで5秒くらい遅延させておいて、仮想マシンを起動して、さっとCDドライブ(またはISOイメージ)をConnectさせると、CDブートしてくれる。

 これでOK。

 インストールが終わったら、遅延時間は0秒にちゃんと戻しておくべし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS