本家

システム起動時に Splunk を自動起動させる

 以下のコマンドを実行。CentOS 5 上でやってみた。

splunk enable boot-start
# cd /opt/splunk/bin
# splunk enable boot-start
Init script installed at /etc/init.d/splunk.
Init script is configured to run at boot.
[root@logger bin]# /sbin/chkconfig --list | grep splunk
splunk          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

プロキシサーバを指定する

$SPLUNK_HOME/etc/splunk-launch.conf に http_proxy ディレクティブを記述して、Splunk を再起動する

http_proxy = proxy.example.com:8080

本家説明ページ

4.3.3 から 5.0 への更新でエラー

4.3.3 が動いている CentOS 5 環境(64-bit)にて、

splunk-5.0-140868-linux-2.6-x86_64.rpm

を取ってきて、

rpm -Uvh ./splunk-5.0-140868.i386.rpm

としたところ、/lib/ld-linux.so が見つからないというエラーで止まった。

止まったのは、モジュール更新のあと、/opt/splunk/bin/splunk start が走るところ。

原因は 32bit 版を入れたため。

rpm 使い慣れてないので(何年使っても慣れない)焦った。

64bit 版を取ってきて、rpm -Uvh とすると、怒られる。

で、調べたら rpm の --force オプションをつければよさそうだ。それでダメならゼロからやり直そうと思ってトライ。

rpm -Uvh --force ./splunk-5.0-140868-linux-2.6-x86_64.rpm

できた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS