技術関係メモ

PHPExcel を使ってみる。

依存関係で、Zip 拡張が必要なので、PECL からインストールする

pecl install zip

インストールに成功すると、次のようなメッセージが出てくる。

Build process completed successfully
Installing '/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/zip.so'
install ok: channel://pecl.php.net/zip-1.10.2
configuration option "php_ini" is not set to php.ini location
You should add "extension=zip.so" to php.ini</td></tr></table>

書かれているとおり、zip モジュールは no-debug-non-zts-20060613 というサブディレクトリの下に配置される。

php.ini では、拡張モジュールの位置は次のように定義しているので、このままでは php が zip モジュールを見つけられない。

extension_dir = "/usr/local/lib/php/extensions"

そこで、次のようにして、シンボリックリンクを作成する。

cd /usr/local/lib/php/extensions
ln -s no-debug-non-zts-20060613/zip.so ./

で、php.ini には次の行を追加する。

extention=zip.so

追加したら、httpd を再起動して Zip 拡張のセットアップは終わり。

続いて、PHPExcel をインストールする。

残念ながら、PEAR にはまだ収録されていないので、ダウンロードページから取ってくる。 今の最新版は、Recommended Download にある、バージョン 1.7.0。

ダウンロードしてきたファイル(1.7.0.zip)を展開する

mkdir PHPExcel (展開用のディレクトリを作成)
cd PHPExcel
unzip ../1.7.0.zip

install.txt を見ると、Classes フォルダの中身を、PHP のライブラリサーチパスのどこかに置くように書いてある。

php.ini では、

include_path = ".:/usr/local/lib/php"

と定義しているので、Classes の中身をそのままそこに置くことにする。

cp -pR Classes/* /usr/local/lib/php/

あとは、サンプルに倣ってファイルを作ってみたりして遊ぶ。

【参考情報】 PHPExcelを使ってPHPでExcelファイルを出力する (1) PHPExcelとは


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS