FreeBSD

FreeBSD 7.0RからiSCSIを使ってみる

FreeNASにてiSCSIターゲットとしてのセットアップをしたので、今度はFreeBSDからiSCSIイニシエータを使う。

iSCSIイニシエータはカーネルモジュールとして提供されてるけど、デフォルトではロードされていないので、/boot/loader.confに下記を追加する。 詳しくは、man iscsi_initiator。

iscsi_initiator_load="YES"

リブートして、ロードされているかどうか確認

# kldstat
Id Refs Address    Size     Name
 1    5 0xc0400000 906518   kernel
 2    1 0xc0d07000 2464     accf_http.ko
 3    1 0xc0d0a000 fe5c     iscsi_initiator.ko
 4    1 0xc0d1a000 6a32c    acpi.ko

読まれてますね。

で、FreeNASサーバを探してみる。

# iscontrol -d -t 192.168.0.33
TargetName=iqn.1994-04.org.netbsd.iscsi-target:target0
TargetAddress=192.168.0.33:3260,1

見つかった。

この、iqnをコピーしておいて、/etc/iscsi.confに次のように記述。"nasubi"は識別子なので、任意の名前を付けてあげればOK。

nasubi {
   targetaddress = 192.168.0.33
   targetname    = iqn.1994-04.org.netbsd.iscsi-target:target0
}

起動してみるよ!

# ls /dev/iscsi*
/dev/iscsi

# iscontrol -n nasubi
iscontrol[723]: running
iscontrol[723]: (pass0:iscsi0:0:0:0):  tagged openings now 0
iscontrol[723]: cam_open_btl: no passthrough device found at 1:0:1
iscontrol[723]: cam_open_btl: no passthrough device found at 1:0:2
iscontrol[723]: cam_open_btl: no passthrough device found at 1:0:3
iscontrol: supervise starting main loop

# ls /dev/iscsi*
/dev/iscsi      /dev/iscsi0

/dev/iscsi0が増えてます。

あとはマウント。

# mkdir /opt
# mount -t ufs /dev/iscsi0 /opt
mount: /dev/iscsi0 : Block device required

あれ?

うーん…

それから、iSCSIディスクのステータス確認や、切断方法がわかんない。 man iscontrolしても切断方法は載ってなかった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS