インストール

付属のマニュアル(日本語)に従って、libbind, libmilterを用意してから、enmaのmake。

こける。

% make
Error expanding embedded variable.
*** Error code 2

Stop in /usr/local/src/enma-1.0.0/libsidf.
*** Error code 1

Stop in /usr/local/src/enma-1.0.0.

意味不明。

全く別の環境では、libbindを作る段階でこけた。

isc/dst.hが無いと行ってくるので、探してきてシンボリックリンクを張ってみたところ、もっと意味不明なエラーが出てきてこける。

あきらめかけて、別の仕事を片付けてから、もう一度やってみたら通った。 いよいよ意味不明。

で、こっちの環境でも、やっぱりenmaのmakeで上記エラーのために停止してしまう…

神に訊いてみたところ、gmakeを使えばいいとのこと。 なるほど。 インストールマニュアルはmakeなので気づかなかった。

tar xfz enma-1.0.0.tar.gz
cd enma-1.0.0
./configure
gmake
gmake install

設定ファイルの用意

cp enma/etc/enma.conf.sample /etc/

変更点は、milter.postfix: true

</etc/enma.conf>-------------
#
# sample of enma configuration
#
# $Id: enma.conf,v 1.1 2008/08/05 12:00:21 root Exp root $


## Milter ##
milter.socket:  inet:10025@127.0.0.1
milter.user:    daemon
milter.pidfile: /var/run/enma/enma.pid
milter.chdir:   /var/tmp
milter.timeout: 7210
milter.loglevel:   0
milter.postfix: true

## Syslog ##
syslog.ident:       enma
syslog.facility:    local4
syslog.logmask:     info

## SPF ##
spf.auth: true

## SIDF ##
sidf.auth: true

## Authentication-Results ##
authresult.identifier:  localhost

pidファイルの置き場所用意

mkdir /var/run/enma
chown daemon:daemon /var/run/enma
chmod 700 /var/run/enma

起動してみる

enma -c /etc/enma.conf

あとは、postfixのmain.cfに下記を追加して反映(postfix reload)

smtpd_milters = inet:127.0.0.1:10025

テスト

telnet localhost 25として、メールを送ってみたところ、下記のようなヘッダが追加されていた(FROM-ADDRは差出人メールアドレス)。

Authentication-Results: localhost; spf=none smtp.mailfrom=(FROM-ADDR); senderid=none header.From=(FROM-ADDR)

同様に、gmailから送ってみると、ヘッダは下記のようになった。

Authentication-Results: localhost; spf=pass smtp.mailfrom=(FROM-ADDR); senderid=pass header.From=(FROM-ADDR)

メーラーのSPAM振り分けルールに追加して、しばらく使ってみる。

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS